ゼノア化粧品を初めて使った社員の体験記

2012年 ふとした縁で、ゼノア化粧料製品に出会い、石鹸生活に目ざめた一社員が、生まれて初めて実際にゼノアの化粧品や石鹸シャンプーを使用した実体験をリアルタイムに書き綴っています。ゼノアに入るまでは、石鹸と合成洗剤の違いすら知らなかった肌に悩みを持つ女性の文字通り、体を張った体験レポ。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
花咲スタッフ

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
プロフィール

冬のパック法 その2

 今日は節分ですね。もう豆まきをしましたか?
会社では会長が大きな声で豆まきをしていました。

今回はパックの第2弾です!

 皆様、ソフトパックは、ご使用になるその都度、作りながら使用されていますか?

 春はお日様の光も変わり、肌の質感がとてもよくわかる季節になりますよね。そのためにも、パック効果は欠かせません。
 今年は暖冬だからパックをするのもしやすいですね。
今から春に向かって、ケアをいたしましょう。
 
 そこでこまめにパックをする方へ、ちょっとした工夫をお届け致します!

 以前ちらっと書かせていただきましたが、パックを数回分まとめて作ることも可能なんですよ♪

 私が社長から教わった方法は、ソフトパックを一週間分くらいの量、まとめて一気に作るというもの。

 これは私の経験上の話ですが、毎回こねこねするのが好きなもので、使用する前に、その都度ソフトパックを水溶きして作っておりました。
 それが1回分ですから、たまにドバーっとローションが入ってしまったり、注意しすぎて今度は固かったりしても、しようがないとそのままの状態で、できたものを使用していました。

 それでも、あまりにも水分が多い時には粉を足してしまい、ムダに多くなったパックを棄ててしまったり、また水分が少ない時には、ローションを足したりして、また水分過多になって、また粉を足して…とムダの量産をしておりました(ノ◇≦。)

 しかし、1回分だけでみてみますと、その時々によって、微妙に固い日、柔らかい日があるのは仕方がないことなのです。

 それが3回分くらいの量をまとめて作ってみると、濃度の調整がしやすいせいか、案外簡単に最適な柔らかさで作ることができます。

 できたものは、蓋付きのガラス容器を買ってきてもいいですし、私はマッサージクリームアルファの空瓶を再利用して、それでパックを溶き、そのまま蓋をして保存しています。
 適度な深さがあるので混ぜるのにも便利ですし、パックも乾きにくいですよ〜。

 保存していたパック粉が水分をたっぷり含んで、作りたての時よりも微妙に固くなったなぁ〜と感じましたら、またローションA−30等のローションを混ぜ込んで、マヨネーズよりもちょっと柔らかめに戻してあげてくださいね。

 また作り置きするには、もうひとつ理由があるそうです。

 ソフトパックの場合、作ってから少し時間が経った方が、より滑らかになるのです。本当ですよ〜!
 お菓子作りと良く似ておりますね。

 お菓子やパンを作る時も、捏ね合わせた生地をしばらく寝かせて、粉にバターや水分を含ませ、なじませますよね。
 ソフトパックもそれと同じで、混ぜてから少し時間を置きますと、とてもクリーミーで、まるでびがんこのような肌触りになります。

 こねこねしてから、すぐに使うとざらついた粉っぽい感じが残りますが、丁寧に混ぜて作り置きしたパックを使用すると、なんともいえないクリームみたいな感触が味わえますよ〜。なめらか〜 それをパック専用の刷毛でお顔に均等に塗ります。
 気持ち良いのでうっとり〜です。是非一度お試しくださいね!
 
 手間もかかりませんし(*^о)ゞコレ重要!

 なお、まとめて作ったパックの保存は冷暗所をオススメします。特に夏場は、冷蔵庫の中がいいですね!
  
 それでは今日もパックをまとめて作りましょうか。