ゼノア化粧品を初めて使った社員の体験記

2012年 ふとした縁で、ゼノア化粧料製品に出会い、石鹸生活に目ざめた一社員が、生まれて初めて実際にゼノアの化粧品や石鹸シャンプーを使用した実体験をリアルタイムに書き綴っています。ゼノアに入るまでは、石鹸と合成洗剤の違いすら知らなかった肌に悩みを持つ女性の文字通り、体を張った体験レポ。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
花咲スタッフ

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
プロフィール

(16) 石鹸シャンプー・ここまでのまとめ

石鹸シャンプーも回を重ねる毎にコツが分かってきて、
初めの頃と比べると、だいぶ使いやすくなってきました!

今まで合成洗剤のシャンプーしか使ったことがなかったので、
実を言うと、最初はどうなることかと、ドキドキしてました(笑)

今回は、今までの「初めての石鹸シャンプー体験レポート」
まとめた「おさらい編」です!

使い方のコツをテーマ別に書いてみたので、
ご参考になさってくださいませ(^◇^)/

---------------------------------------------------

●ブラシやクシを使いましょう
シャンプー前にはブラッシング!
頭皮や髪の汚れを浮かせてから、洗いましょう♪

シャンプーやリンスの時には、
「少し目の粗いブラシやクシ」を使うとベンリ☆
そうすると、髪を毛先まで均一に洗えます。
髪が長く、からまりやすい方には、特に重宝しますよ!

★ブラシの使い方★
ブラシを使う時は上から下(頭皮側から毛先へ向って)、まっすぐにときましょう。
ぐるぐる回すようにとくのは×! 髪が絡まってしまいます(>_<;


●お湯の温度は「熱め」にしましょう
最終的に私は41℃ぐらいのお湯でシャワーしました。
温度が高いほうが、鹸の洗浄力が増し、泡立ちも良くなります。

※ただし、痛みを感じるようなら少し温度を下げてくださいね。
このぐらいの温度のお湯で痛みを感じたら、
頭皮が弱っているサインです(>_<;


●石鹸シャンプーは「たっぷり」つけましょう
石鹸シャンプーに切り替えてすぐの頃は、
なかなか泡が立ちにくいもの。
石鹸シャンプーは、「たっぷり」使って洗いましょう。
泡が消えたら、再度シャンプーを足してくださいね。

回数を増すごとに、次第にシャンプーの使用量は
減らすことができますよ♪


●髪が傷んでいたら・・・
髪が長く、カラーやパーマで特に傷んでいる方は、
その傷んだ部分をカットした方が、より使いやすいのだそうです。

実は社長から
「ソノダさん、しばらくの間、髪は切らないでね。
今のあなたなら、バージンヘアーの傷んでいない部分と、
カラーで傷んだ部分があるでしょ。
ということは、両方の髪質の実験が一度にできるじゃない・・・」
と言われてました。

「なるほど、たしかにっ!」と思い、
今日まで実験を続けてきました。

――そして、ついに!
石鹸シャンプーの体験談も無事に一段落したので、
ようやくカットのお許しが出ました〜!!
やったー♪♪♪(^v^*)
近日中に、髪の傷んだ部分をカットします♪



▼それでは次に、私が社長や先輩から習った
【石鹸シャンプーの使い方】をおさらいします(*^-^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)まずはブラシを使い、ブラッシングして、
頭皮と髪の汚れを浮き上がらせます。
髪のもつれも梳きほぐします。

--------------------------------------------------------

(2)次は、合成洗剤を使っていた時のお湯よりも
少し熱めの温度のお湯で2〜3分程度「予洗い」します。
髪と頭皮にお湯をたっぷりかけて、
ほこりや汗などの汚れを落としてしまいましょう。

--------------------------------------------------------

(3)そして、石鹸シャンプーの登場です!

「合成洗剤のシャンプーから、石鹸シャンプーに切り替えた最初は、
泡立ちにくいのが特徴だから、
これまでの合成洗剤の、約2倍の石鹸シャンプーを使ってね。
次第にシャンプーの量を減らすことができるから・・・」
と教えられました。

シャンプーを毛の生え際に、360度グルリと付けて、
頭頂部へ向って洗います。生え際から頭頂部へ爪を立てずに
ジグザグ、ジグザクと洗いましょう。

切り替えてすぐの時は、石鹸の泡がスーッと消えやすいもの。

泡が消えたら、もう一度石鹸シャンプーを追加して、
泡でモコモコ洗いましょう。

泡モコモコが★ポイントです!

毛先の方までちゃんと洗うには、
「少し目の粗いブラシやクシ」で梳くようにする
と、
石鹸の泡できちんと洗えます^^

--------------------------------------------------------

(4)それから石鹸シャンプーをよくすすいで、
酸性リンスを頭皮から毛先まで、たっぷり付けます。
ここでも、「少し目の粗いブラシやクシ」を使い、優しくゆっくりと、
毛先までリンスをのばします。★ポイント!

そのまま5分ほどおいてから、
リンスをすすぎます。★ポイント!


すすいだ後はタオルドライで乾かします。
ドライヤーを使う場合は、使用は最小限に!

以上で石鹸シャンプーは完了です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の「初めての石鹸シャンプー体験レポート」、いかがでしたか?

最初からお読みくださった皆様、まずはここまでお付き合いいただき、
本当にありがとうございました〜っ!!

また、この「おさらい編」からお読みいただいて、
「もっと詳しく知りたい!」と、ご興味を持ってくださった方は、
ぜひ! 私のブログを最初から読んでみてくださいね♪

あなたの石鹸シャンプーデビューの
お役に立てることを願っています・・・☆(*^−^*)


そして今後は月単位で、変化がある度にレポートを書いていきますね!

★それでは、引き続きよろしくお願いいたします〜!★

(15) 石鹸シャンプー50日目+【38℃】のお湯で洗うと…?

石鹸シャンプーを始めてから50日となりました。
回数にすると20回を越えたぐらいだと思います。
キリが良いので(笑)、50日目の体験談をご報告いたします!

---------------------------------------------------

【石鹸シャンプー50日目】

シャンプー前にきちんとブラッシングさえすれば、
あとはクシなしでも洗えるようになりました。

泡立ちもまずまず! 指どおりも前ほど悪くありません。
洗っている最中から髪がサラサラする感じです♪
2度洗いしなくても大丈夫になりました!

シャンプー後、髪が乾くのが早いかも?
フワフワというか、サラサラというか・・・。
ドライヤーの使用は特に気をつけています(笑)

---------------------------------------------------

ところで・・・

「石鹸シャンプーをするときには、熱めのお湯で洗いましょう」

と教わりましたが、頭皮が傷んでいる方には、40℃以上のお湯は
微妙に熱すぎるかもしれないなぁ・・・・・・ということを考えて
今回、少し温度を下げて「38℃」のお湯でシャンプーしてみました!


★38℃のお湯でシャンプーすると・・・


石鹸シャンプーの回数が20回以上になっているので、
意外に泡立ちには、それほど問題ありませんでした。

ただ、お風呂場が寒いためか、髪を濡らしてもすぐに冷えました(-"-;
でも少しずつ洗っていけば、温かい状態で洗えるので、
泡立ちもOK!でした♪

40℃のお湯よりも刺激が少なくて、頭皮はラクでした〜(^-^*)

ということで、実験結果!
石鹸シャンプーは、★38℃〜40℃ぐらいの温度で洗うのが
私的にはオススメ☆ですが、
髪質、水質などの条件の違いによって泡立ちは異なると思います。
慣れてきたら、自分にちょうど良い温度を探してみるのも
いいかもですねっ♪(*´∇`*)

ただし、シャンプーの間中、泡はモコモコ。
すすぎは、丁寧に・・・をお忘れなく。

(14) 石鹸シャンプー45日目+【頭髪香油】といっしょ♪

前回から、さらに15日が経ちました。
石鹸シャンプー45日目
使い心地に変化があったのでご報告しますね♪

-------------------------------------------------------

・タオルドライ直後はベタベタ感がまだあります。(30日目)
 →ベタつきがなくなってきました!(45日目)

・シャンプー後のブラッシングでは、まだブラシが白くなります。(30日目)
 →ブラシがあまり白くならなくなりました!(45日目)
  石鹸カスが減ってきたみたいです♪

-------------------------------------------------------

石鹸シャンプー45日目、
かなりラクに使えるようになってきましたよ〜!(^◇^)/

・・・ということは、
私のようにカラーやパーマをしていない人が
石鹸シャンプーを快適に使えるようになるには、
30日から45日辺りの期間が必要
なのかな?

-------------------------------------------------------

ちなみに・・・
★「頭髪香油」について

「香油」なるものをつけるのも初めてだった私。
ゼノア「頭髪香油」について思ったもろもろを
ここでまとめてみました(^◇^)/

・シャンプー、リンス後、私の場合、毛先には必須のアイテムです。
 毛量が多いほうなので、ないとやっぱり広がってしまいます(>_<;
 かといって、髪全体につけ過ぎると、セット力が出過ぎてペタッとなるので、
 個人的には好きじゃないかも・・・。
 ということで、パサパサしている毛先に少量。

リンスに混ぜてつける方が、シャンプー後、直接つけるよりもいいと
 思いました。リンスの方が、髪に馴染ませやすい気がします。
 (※頭髪香油の香りを楽しみたい方は、
  タオルドライ後につける方がオススメ♪)

お風呂の中で使うとき・・・
 香油を出す時、ビンが濡れていたので
 手が滑って落としそう
でした・・・!(゚д゚;A
 重さもあるので。。でも何度か使っているうちに、慣れてきました。

持ち運び(旅行時など)がしづらいです(-_-;
 (ガラス瓶が、かさばるのです・・・)
 →携帯容器(ポイント交換グッズ)一番小さい容器(3g)
  入れて持って行きました。
  携帯用の容器はいろんな用途に使えて、とっても優秀☆
  指につけて、リンスに混ぜて使いました^^
  「ただし、衛生上のこともあるので、
  携帯用容器に小分けにしたものは、次の旅行まで放置せず、
  その都度ちゃんと使い切ってね。」と指導されています。

 ★ちなみに・・・
 シャンプーとリンスは、「トラベルセット」を持っていきました。
 旅行中に1回程度のシャンプーなら、髪の長い人でも
 まったく問題なく使える量ですよ♪

-------------------------------------------------------

これからもいろいろ試してみて、
自分なりに感じたことや、上手な使い方を探って、
レポートしていきたいと思います♪

(13) 石鹸シャンプー30日目「実録!体験レポ」

石鹸シャンプーを使い始めて、早30日。
シャンプーの種類に、
「合成洗剤」と「石鹸」があることも知らなかった私ですが(^-^;
今ではすっかり石鹸シャンプーの愛用者です♪

「合成シャンプーから石鹸シャンプーに切り替えようかな・・・」
とお考えの方は、きっと頭皮や髪、身体の健康を
きちんと思っていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

でも、初めての石鹸シャンプーには、
いろいろと不安に思うこともあると思います・・・

そんな方の少しでもお役に立てるよう、
今回は、今まで割愛させて頂いていた、私が感じたありのまま・・・
「ホントのトコロ」
「実録!体験レポ」として、お話しします!

----------------------------------------------------

【石鹸シャンプーの良かった点】

・合成洗剤のシャンプーを使っていたときより、
 髪がサラサラになりました。毛先も落ち着いています♪

・私はフケ状のものは出ませんでした。
 (※頭皮や髪の傷み具合によっては、
 白っぽいフケのようなものが出ることがあるようです。
 それは、頭皮が健やかになっていく過程で見られることだそうです。)

・石鹸シャンプーを使い始めて30日目を過ぎた頃から、
 髪を乾かした後のベタつきがなくなってきました。

・人から「髪がキレイにまとまってるね」と言われました!( ´艸`)ウフフ
 (実はコレ、10回目のシャンプー後ぐらいから言われてました!)
 「合成シャンプーの時は、シャンプー後からすぐにベタッとした感じだったけど、
 石鹸シャンプーにしてからは、健康的なストレートになったね」とも♪

----------------------------------------------------

このように、石鹸シャンプーには良いことたくさんでした!
・・・が、初心者には気になる点もあったのです・・・(-"-;

----------------------------------------------------

【石鹸シャンプーの悪かった点】


タオルドライ直後はベタベタ感がまだあります。
 (これは、ゆくゆく消えるそうです。)

・シャンプー後のブラッシングでは、まだブラシが白くなります。
 (こちらもだんだん少なくなるそうです。)

「手ぐし」が、しにくいです。髪が絡まってひっかかります(>_<;
 (ヘアカラーで傷んだ部分が、毛先に15cm〜20cm残っているのが
  1番の原因だそうです。)


・結んだりすると、髪に「あと」がつきやすいです。
・↑これが関係しているのか、髪が束ねにくいです。。
 (髪がサラサラになると、違ってくるそうです。)

少しかゆい時がありました。
 →思いおこすと、しっかりシャンプーできなかった部分
  かゆかったように思います。
  リンスをちゃんとつけられていないとか・・・。
 (泡モコモコで、頭皮までちゃんと洗えばそうならないそうです。)

・寒くなってから、静電気がおきやすくなりました。
 →【頭髪香油】をつけると少し改善されましたが、
  一番気をつけなければいけないのは、「ドライヤー」
  
  早く乾かしたくて、ドライヤーをガンガンあててしまうと、
  次の日、静電気で髪が大変なことになるかも・・・!
 (そうです、わたくし、やってしまったのです・・・(-"-;A)
 静電気のおきにくいブラシを使うとか、日用品の選び方で
  工夫するよう、アドバイスされました。)


----------------------------------------------------

石鹸シャンプーの使い始めは、誰もが多かれ少なかれ苦労するもの。。
でも、どうかそこで諦めないでくださいねっ。

私の場合は、1ヶ月でだいぶ使いやすくなりました。
カラーやパーマで髪の傷みがあればあるほど、この期間が
3ヶ月や半年に延びる方もいらっしゃると思います。


「大変だなぁ・・・やめようかな・・・」と感じたら、
5年後、10年後・・・もっとその先の自分を想像してみてください。

諦めずに頑張って乗り越えたご褒美に、
健やかで青々とした頭皮、
そして黒々と豊かな髪の毛
がある姿が見えるはずです!


「健康な頭皮と髪は、一日にして成らず!!」ですね♪


ぜひ、私と一緒に根気強く続けてみましょうね!

(12) 7回目の石鹸シャンプー【頭髪香油ver.】

石鹸シャンプーも7回目となりました!

前回「(11)6回目の石鹸シャンプー
【クシを使わず、シャンプーしたら?】」の
おわりでもお話ししましたように、
傷んだ毛先は、どうしてもパサパサしてしまいます。。

そこで!
髪の毛のパサパサ対策として社長にすすめられたのが

「頭髪香油」!!

冬の乾燥する髪にもぴったり♪のお助けアイテムだそうですよ!

では早速、「頭髪香油」を使った石鹸シャンプーのご報告です↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シャンプー前ブラッシングと予洗いは必須!

シャンプーの泡立ちはそこそこ良くなってきたものの、
やっぱり2度洗いが必要でした。

--------------------------------------------------------

そして! リンスの時に、例の「頭髪香油」は登場します!!

(1)まず、酸性リンスを手のひらに取る。

(2)「頭髪香油」を1滴だけ入れる。




(3)指でぐるぐる混ぜる。




(4)髪の毛になじませる。


とりあえず今回は傷みの気になる毛先の方だけ、
「頭髪香油」入り酸性リンスを付けました。

頭皮と根元の方は、いつものように
酸性リンスだけをたっぷり付けます!

そして待つこと5分・・・・・・

よくすすいで、シャンプー終了です♪

--------------------------------------------------------

乾かす時のドライヤーにもちょっと注意!

ドライヤーをあてすぎると、髪を傷めてしまいます。
根元の方だけ、最低限の使用にとどめましょう!
乾かし過ぎも、乾燥の原因となるようです・・・!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

乾かしてみると、頭髪香油をつけた毛先の方は、
リンスだけの時よりも
「なめらか」で、「まとまって」いました〜!

いつもあれほど広がっていたのに・・・

やるなぁ・・・「頭髪香油」!!

私は今回、リンスに混ぜて使いましたが、
他にも、
タオルドライ後の湿った髪に
「頭髪香油」を直接つける方法
もあります。

(※髪が湿っているうちに付けると、
頭髪香油が均一に付くそうです!)

乾燥の季節には特に欠かせないアイテムとなりそうですね〜!
それに、髪にツヤもでましたよ〜!
髪のパサパサが気になる方は、是非一度お試しくださいませ(^◇^)/


つづく

(11) 6回目の石鹸シャンプー【クシを使わず、シャンプーしたら?】

石鹸シャンプー体験記、6回目です!

今回は、前回社長に言われたとおり、
「少し目の粗いクシ」を使わずにシャンプー&リンスしてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、シャンプー前にブラッシングして、
熱めのお湯で予洗いしました。

シャンプーは、1度洗いではやっぱり泡が不十分だったので、
今回も2度洗いしました。

--------------------------------------------------------

さて! 今回は社長の指令どおり、
クシを使わずにシャンプーしてみました。

今までは、毛先までシャンプーをまんべんなく行き渡らせるために、
少し目の粗いクシを使っていました。

では、クシのない状態でどうすれば良いのでしょうか。
私は2つの方法を試してみました。


(1)髪に残っている泡を毛先に手でつけて洗う
   →泡が消えてしまい、毛先までもたない。

(2)シャンプー剤を手に取って、じかに毛先を洗う
   →髪同士をゴシゴシすると、キューティクルが傷んでしまう。


どうも(2)の方法は良くない感じがしたので、
なんとか(1)で頑張ってみました。

できないことはないのですが、何が大変って

指に髪が絡まるっ!!(>_<;;

私の髪の毛先が傷んでいることは、
ブログ「(2)私の髪質と、コンディションは・・・」でも
触れましたが、
長さがあるからでしょうか・・・こんがらがって大変でした。。

--------------------------------------------------------

リンスは、付けると指どおりが良くなるので、
シャンプーの時ほど手間取りませんでした。
ただ、ちゃんと均等に付いているのか不安でしたが・・・。

--------------------------------------------------------

洗い終わって乾かしてみると・・・

洗いあがりの差は、それほど感じられませんでした。
なんとかきちんと洗えたのかな?(;^-^A
なんといっても髪が絡まるのが難儀でしたよ。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 結 論 】
 クシがなくてもシャンプー&リンスはできるが、
 均等に洗うのなら、クシがあったほうがずっと良い!
 (使わないと、髪が長い人は絡まって大変・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石鹸シャンプー6回目、
だいぶベタつきも少なくなってきました。

ただ、そのためか、
毛先の方がパサパサするようになりました。
どうしても広がってしまうんです。。

うーん・・・これは何らかの対策が必要ですね・・・!


つづく

(10) 5回目の石鹸シャンプー

石鹸シャンプー体験も5回目となりました。
ではでは早速ご報告をば!↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回もシャンプー前にブラッシング→予洗いしました。
寒くなったので、温かいお湯が気持ちいいです♪

--------------------------------------------------------

1度目のシャンプーでは、前回と同じぐらいの泡立ち。
少しだけ泡ができますが、すぐに消えてしまいました。。

--------------------------------------------------------

ということで、今回も2度洗いです!

すすぎでは、まだ髪が「キュッキュッ」・・・
指どおりはイマイチでした。。

--------------------------------------------------------

2度目のシャンプーですが、
今までで一番泡立ちが良かったです!

手のひらにモコモコをのせられるぐらいになりました!
(少しするとやっぱり消えるんですが・・・笑)

熱めのお湯は、泡立ちのためにも必要だと実感!

もちろん、あの「少し目の粗いクシ」で、
毛先までシャンプーしました。

--------------------------------------------------------

2度洗い後、初めて頭皮の「かゆみ」を感じました・・・。
外で長時間動くことがあったので、
普段より汗をかいたからかも(-"-;A

そこで、酸性リンスをいつもより多めにつけました。
これがまた、ひやっこくて気持ちいいんです・・・♪
リンスを流すと、かゆみは治まりました。

--------------------------------------------------------

乾かした後は、ややベタつき感があるものの、
初めに比べればだいぶマシになってきました。
でも相変わらず、ブラッシング後のブラシは白い(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで、私がいつも使っている「少し目の粗いクシ」
石鹸シャンプーに切り替えてからというもの、
ずっと使い続けていましたが・・・


社長「クシを使わないとどんな感じか、実験してみてね♪」


了解しました!(・o・)ゞ
ということで、次回は「クシなし石鹸シャンプーやいかに!?」
お楽しみに・・・☆


つづく

(9) 4回目の石鹸シャンプー

4回目の石鹸シャンプーのご報告です♪

私は髪染めもパーマもしていないぶん、
まずまず順調に石鹸シャンプーが使えているみたいです。

ではでは、4回目の結果です!↓(・o・)ゞ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは恒例のシャンプー前のブラッシング
4回目ともなると、さすがに習慣になってきました(笑)

--------------------------------------------------------

そして熱めのお湯で予洗い。
この予洗いだけでも、汚れの半分は落ちるんだそうです!
しっかり根元から洗いましょう♪

--------------------------------------------------------

ここでの泡立ちは3回目と同じぐらいでしたが、
だいぶスムーズに「ジグザグ」できるようになってきました!

でもすすぎの時は、やっぱり指どおりが良くない・・・のですが!
今回は少し指が前進しました〜!!
(今までちっとも指が進まなかったもので・・・)

まあ、それでもギシギシに変わりはないんですけどね(笑)

--------------------------------------------------------

1度洗いでは、まだ満足のいく「モコモコ泡」ができなかったので、
今回も2度洗いしました。
2度目は、前回と同じぐらいの泡立ちでした。

--------------------------------------------------------

「ゼノアの酸性リンス」は、髪や頭皮につけた後、
しばらく時間をおくのがミソですよ〜。
その間に身体を洗うもよし、お湯につかるもよし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4回目の石鹸シャンプーは、手順に慣れてきたこともあって
だいぶスムーズに洗えました!ヽ(^◇^*)/

私もだんだん本来の健康な髪に戻りつつあるのかな?
「シャンプーする日が待ち遠しい!」なんて、
生まれて初めての経験です♪


つづく

(8) 3回目の石鹸シャンプー

3回目の石鹸シャンプーのご報告です♪

2回目では、泡立ちがやや良くなって、
「これはイイ感じ!」と嬉しくなっておりました。
そして前回の(7)のブログで石鹸カスの正体も分かりましたね・・・!

それでは、今回も順を追ってお話しします。
先輩から教わった洗髪方法が(1)〜(4)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)まずはブラシを使い、ブラッシングして、
頭皮と髪の汚れを浮き上がらせます。
髪のもつれも梳きほぐします。

●石鹸シャンプーを始めるにあたり、
初めてシャンプー前にブラッシングした私ですが、
これをやっておくと、シャンプー時に指に髪が絡まりにくくなって
とっても洗いやすい
です♪

--------------------------------------------------------

(2)次は、合成洗剤を使っていた時のお湯よりも
少し熱めの温度のお湯で2〜3分程度予洗い・・・。
髪と頭皮にお湯をたっぷりかけて、
ほこりや汗などの汚れを落としてしまいましょう。

 ●なぜ少し熱めの温度のお湯で洗うかというと、
頭皮の皮脂汚れも落ちやすいし、
温度が高いほうが、石鹸の洗浄力がより良くなるからだそうです。
この後の「モコモコ泡」のためには重要なポイントですね!

--------------------------------------------------------

(3)そして、石鹸シャンプーの登場です!

「合成洗剤のシャンプーから、石鹸シャンプーに切り替えた最初は、
泡立ちにくいのが特徴だから、
これまでの合成洗剤の、約2倍の石鹸シャンプーを使ってね。
次第にシャンプーの量を減らすことができるから・・・」
と教えられました。

シャンプーを毛の生え際に、360度グルリと付けて、
頭頂部へ向って洗います。生え際から頭頂部へ爪を立てずに
ジグザグ、ジグザクと洗いましょう。

 ●やっぱり泡立ちはわずかでしたが、
指どおりはずいぶん良くなってきました。

--------------------------------------------------------

切り替えてすぐの時は、石鹸の泡がスーッと消えやすいもの。

●とはいえ、これで石鹸シャンプー3回目。
初回の消え方を思えば、かなり泡も持続してくれてます。

--------------------------------------------------------

泡が消えたら、もう一度石鹸シャンプーを手に取り、
石鹸シャンプーを追加して、泡でモコモコ洗いましょう。

泡モコモコが★ポイント!なんですね!


●今回も2度洗いしました。
すすぎは、まだまだギシギシするので、いつものとおり
無理して指を動かさないで、
髪を少しずつ5本の指でかき分け、
シャワーの温水を地肌と髪に通して、
水流の勢いで石鹸シャンプーを丁寧に落としました。

--------------------------------------------------------

2度目のシャンプーはかなりいい感じでしたよ!
「ちゃんとした(笑)泡」ができました〜!!

モコモコ<小>といったところでしょうか・・・
手のひらにこんもりとのりました♪
この白い泡を見た時は、思わず感動しました(笑)

そしてここでも「少し目の粗いクシ」で毛先までときました。





特に髪の長い方は、地肌に近いほうは洗っても、
意外と毛先まできちんと洗えていないことが多いのです。
クシを使えばラクチン♪ですよ!

--------------------------------------------------------

(4)それから石鹸シャンプーをよくすすいで、
酸性リンスを頭皮から毛先まで、たっぷり付けます。
ここでも、少し目の粗いクシを使い、優しくゆっくりと、
毛先までリンスをのばしました。★ポイント!

そのまま5分ほどおいてから、
リンスをすすぎます。★ポイント!


●酸性リンスは、石鹸カスが残らないようにして、
指どおりを良くする
だけではなく、
石鹸シャンプーでアルカリ性に傾いた
髪や地肌を中和する
目的もあります。
しっかり、まんべんなく付けましょうね!

すすいだ後はタオルドライで乾かしましたが、
最近だいぶ寒くなってきたので、
今回は軽くドライヤーも使いました。
髪が長いと、なかなか乾きにくくなってくるんですよね。。

ただし、ドライヤーの使用は最小限に!
熱風で髪を傷めないように気をつけます。

--------------------------------------------------------

3回目の石鹸シャンプーは、
泡立ちが少し良くなったし、洗い方にも慣れてきたので
やりやすかったです!

ただ、毛先のギシギシは相変わらずなので(-_-;)
髪を全体的に染めていて、かつ長い方は
もう少し頑張る必要があるかも。。

でも石鹸シャンプーもまだ3回目!
これからどんどん使いやすくなるはずです!
私と一緒に、合成洗剤に頼らない、
髪のスッピン美人☆を目指しましょう!


つづく

(7)「石鹸カス」の正体は何?

JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:コスメ

今日は、ブログ(5)でご覧いただいたブラシにベッタリ付着した
「謎の白い物質」こと、「石鹸カス」について聞いてください!
           ↓




ずーーーーーっと合成洗剤のシャンプーを使っていた人が、
石鹸シャンプーに切り替えてすぐの頃、
誰もが直面する問題・・・それが、髪の「ベタベタ」「ギシギシ」!



原因は「石鹸カス」なんです。



石鹸カスには種類がありますが、

代表的なものは、
石鹸が水道水のミネラル分(カルシウム、マグネシウム)と反応して
脂肪酸カルシウム脂肪酸マグネシウムなどになったもの。


これが「金属石鹸」って呼ばれているものです。
(「石鹸」なんて名前が付いていますが、洗浄力はありません。)



さて、私のように、
これまで合成洗剤シャンプーやリンス、トリートメント剤を
使ってきた人の髪の毛の表面は、知らず知らずのうちに
シャンプーやリンス、トリートメント剤の成分が残っています。
ツヤを出す目的や、スベリをよくする目的で「樹脂」などで
コーティングされていたりもします。


先輩いわく・・・・・・
「よく知られている樹脂には、<シリコン>があるけど、
最近では何故かシリコンだけが狙い撃ちされて、
ノンシリコンを謳うシャンプーが流行っているのよね。
シリコンだけではないのになぁ・・・。」(苦笑)


だそうです。


「樹脂を使って髪の毛を樹脂で覆うことでも、
髪にツヤがある(ように見える)のよね。」



石鹸で洗髪すると、
石鹸のほうが合成洗剤よりも洗浄力が強いので、
それをはがすんだそうです。
しかし1回のシャンプーだけでは十分に落としきれないんですね。


はがされた物質は石鹸と混じり合って
粘度を持ち
、ネバネバします。
そのネバネバに、髪を拭いた時のタオルの「繊維クズ」がくっつきます。


そこで髪をブラッシングすると・・・


髪に残った「リンス、トリートメント」や
「繊維クズ」、「金属石鹸」が、ブラシによってこそぎ落とされます。
こそぎ落とされた汚れは、白っぽく、ベタベタしています。


これが、ブラシに付着した
「謎の白い物質」=「石鹸カス」+α なのです!


このような原因で、
石鹸シャンプービギナーの髪は、
洗った後「ベタベタ・ギシギシ・ゴワゴワ」してしまうんですね。
特に石鹸シャンプーの第1回目には、「ビックリ!」ってことが
普通なんだそうです。


でも、正体が分かればこっちのもの!
白いブラシを見て思わず「ギョッ!」としてしまいましたが、
みなさま、もう怖くありません(笑)


切り替え時の石鹸カスに驚かずに、
私と一緒に
上手な石鹸シャンプーの方法をマスターしていきましょうね!


乗り越えると、ツヤツヤの髪が待っているそうです♪


つづく