ゼノア化粧品を初めて使った社員の体験記

2012年 ふとした縁で、ゼノア化粧料製品に出会い、石鹸生活に目ざめた一社員が、生まれて初めて実際にゼノアの化粧品や石鹸シャンプーを使用した実体験をリアルタイムに書き綴っています。ゼノアに入るまでは、石鹸と合成洗剤の違いすら知らなかった肌に悩みを持つ女性の文字通り、体を張った体験レポ。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
花咲スタッフ

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
プロフィール

消火にも粉石けん

 今が一年中で最も寒い季節ですね。ブルブル!(×_×;)
ゼノアを使うようになってから、幸せな事にお肌の乾燥は全く感じなくなりました。(ラッキー!)
 
 そんな訳ですからお肌の心配はしておりませんが、空気は乾燥しているので、最近のネギシは火の始末には特に用心しております。


 以前「ゼノア通信」でもお知らせしたのですが、
この記事を読んで、とってもためになりました。早速実行していますよぉ〜。
安上がりですし、効果的で良い事尽くめ・・・(ノ。・ω・)ノ*。オオォォ☆゚・:*☆!
まだご存じない方や、忘れていた方は実行してくださいね。

――――――――――――――――――――――
■粉石けんに消火効果■
――――――――――――――――――――――


粉石けんに消化効果があることが名古屋市消防局の実験で確かめられました。
てんぷら鍋に火が入った状態で消火器で消すと6秒、
粉石けんを振りかけると7秒、
粉末合成洗剤では20秒という結果です。
粉石けんに含まれている炭酸ソーダが分解して炭酸ガスが発生して表面を覆ってしまうので空気を遮断して火が消えるのです。天ぷらや揚げ物をするとき、粉石けんを身近に置いておけば万が一の場合に役立ちます。
石けんって色々に使えて、本当に便利ですね♪

★≪知っ得情報≫
今回は「粉末合成洗剤」「粉石けん」と表記されたので良く解ると思いますが、どういう訳か、粉状になった合成洗剤を「粉石けん」と思い込まれている方も大勢いらっしゃいます。そこで誰にでも解りやすい表現を考えてみたのですが、スーパーのバーゲンの目玉商品として通常大量に販売されているのは、粉状になっている合成洗剤です。同時にテレビコマーシャルされているものも粉末合成洗剤です。
石けんについては愛情石鹸生活@ゼノア化粧料通販に詳しく書いていますのでそちらをご参考になさってくださいね。

身体を毎日洗わないと臭くなって不潔?

 皆様、こんにちは。

 陽が沈むのが、本当に早く感じられる季節になりました。
 会社から帰ると、もう真っ暗…。その暗闇の中、洗濯物を取り込んでいます。

 朝頑張って、洗濯物を干してから出社しても、帰って取り込む時には、少し湿っぽくなっているので、乾燥機で風を入れてからでないとクローゼットにしまうこともできません。
 やはり一日中安心して干せる休日が待ち遠しく、今一番、気になるのは休日のお天気です。

 秋の夜長といいますが、お肌に厳しい冬も、もうそこまで来ているのですかね〜。


 さて、今日のお題は、気になる「体臭」からです。

 社長が言うには、これからの季節は、毎日身体を洗わなくても良いそうです。
 「もともとがオイリー体質で、1日でも身体を洗わなければベタベタになる方以外は、洗・い・過・ぎ・る・方がかえって肌には負担を掛ける。」とも言っております。

 「石鹸」で、身体を洗う目的は、何でしょうか?

 皮脂を落とすのが、主目的です。

 冬は皮脂分泌が減っている季節なので、「絶対に洗わなきゃ!」と考える方が、逆におかしいのだそう。
 それには「毎日身体を洗わないと臭くなるから、嫌われてしまいそうで怖い」等、心配事もついてきますから、なかなか勇気がだせない気持ちもよ〜くわかります。
 ですが、ご心配なく!

 汗の汚れは、実は水だけでも落ちるのだそうです。

 だから、毎日洗わなくても、臭くはならないとのこと。

 また毛髪も、お肌同様に考れば良いそうです。

 現在、社内でも、K嬢が実験台となり、「お湯洗いのみでシャンプー剤を一切使わずに過ごしたらどうなるのか?」を実験中(12日目)だったりするのですが、毎日シャンプーするのがすっかり習慣になっている元美容師の彼女にとってはやはり気になるらしく「私、臭くない?!」と連呼しているのですが、本人以外は、第三者が鼻を頭に近づけて嗅いでみても、臭いは全く気になりませんでした。

 まぁ、これは極端な例ですが、
「合成のシャンプーではなく、石鹸シャンプーを使ってシャンプーすると臭くなったり、べたべたすることも少ないから、毎日シャンプーする必要は殆どないんじゃないかな!」と社長は言っております。

 あと冬場の「フケ」は、暖房による頭皮の乾燥と、シャンプーのし過ぎによる脱脂のダブルパンチによるものが多いのだということも社長から教わりました。

 夏は紫外線や冷房等々、冬は暖房等と乾燥による静電気など、お肌も髪も休まる時はないですね;
 せめて暖房をつけている時には、加湿器を使うなど工夫して、お肌と地肌と唇にも、水分補給を心がけましょう〜(。・_・。)ノ